PMC(フォト&ムービークラウド)

映像を活用した新アプリケーションや新サービス、大規模ストレージクラウド産業の創出


「PMC(フォト&ムービークラウド」は、IT産業におけるクラウドサービス産業とカメラ産業を融合し、魅力的な商品とサービスを提供することにより、新ビジネスモデル・新技術・新サービスによる新しい付加価値を検討する研究会として発足。
併せて、日本の情報産業の国際競争力の強化に資することを目的とする。


今まさに進みつつある、LTEによる無線環境とクラウドサービスとデジタルカメラ・ムービー産業融合によって、様々なイノベーションが期待できる。
例えば・・・
①デジカメユーザーとっての、記録メディアの整理や個々の写真整理にかかる手間は膨大であり、対応すべきソリューションへの欲求は高い。
②個人所有の画像や音声のクラウド上への保管が進むと、保管領域の拡大や検索方法の多様化などに対応する電子的ライフメディア市場の創出が望まれる。
③クラウドによる多様なサービスやアプリケーション、さまざまな端末もしくはそれらの融合が新たに創出される。
④カメラのハードカテゴリーの複合化(カメラ付き携帯電話とカメラ(一眼レフ+通常デジカメ)、ムービー、スマートフォンなど)や、顧客の写真コンテンツの保管の複雑化によって、市場ニーズは高まる。



■期待される参加者のメリット
①幅広いアライアンスの創出
②さまざまな触発によるアイデア・技術の創発
③個々の企業が実施すること以外の競争力源泉の創出
(討議・議論の結果はそれぞれ企業に戻って活用する場合と会合として形成する場合の両方を展望)


■PMC研究会での検討事項(予定)
(1)事業形態・ビジネスモデルの詳細検討
(2)事業規模の検討
(3)キラーファンクション・部分的な共通ファンクション・U/Iの検討
(4)国際競争力を持ち得る戦略検討
(5)その他

研究会発足を報道発表!

  2010.12.23 日刊工業新聞にて

  ニュースリリースはこちらLinkIcon